うつ病で障害年金は貰えるの?

精神的な病気でもあるうつ病になると働くことが出来なかったり、様々な医療費の負担が増えて経済状況が厳しくなることがあります。治る見込みがないときや働くことが難しいときには、困ってしまうものです。そこで助けとなってくれるのが年金制度です。

国民年金や厚生年金に加入していて、これまで年金を納めている人に対して支給されるのが障害年金です。

障害者年金の基礎知識

障害年金には2種類あり、障害基礎年金と障害厚生年金があります。

障害基礎年金はうつ病になって医師の診察を受けた日に国民年金を支払っていた人や、20歳未満または60歳以上65歳未満の人を対象に支給するシステムです。

うつ病の状態によって障害の度合いが変わり、1級と2級どちらかに該当すれば受給出来ます。障害厚生年金はうつ病で受診した日に厚生年金に加入していて、基礎年金に上乗せしていくらか支払われる年金です。うつ病の病状によって1級から3級に分けられ、軽い障害だと判断されても一時金が支給される制度です。

障害年金は基本的にはうつ病などの病名はあまり関係なく、日常生活を送ることが困難な場合や仕事に支障が出るかによって障害の度合いが判断されます。一般的に軽い病気やケガだと思われていても、症状が重く、障害があると判断されればお金が貰えます。

ただ精神的な障害の中でもパーソナリティー障害や神経症は対象外と定められているのです。障害の度合いや等級は人それぞれですが、基準としては障害年金の1級は身の回りのことは自分自身で出来るけれど、日常生活のほとんどの作業は介助が必要な人です。

2級は自宅での料理や洗濯は出来るけれど、日常生活が困難で働いてお金を得ることは難しいという人になります。厚生年金にある3級は働くことが難しかったり、働いたとしても何らかの制限を受けている人が該当します。

3級の場合は働きながらでも支給される可能性が高く、体調を考えて短時間で働いていたとしても支払いが行われるケースもあのです。また2級の人が働いていると日常生活に制限が無いと判断されるケースがあり、等級が変わったり支給がストップしてしまうこともあるのです。

受給出来るのは?条件について

障害年金を受給するためには初診日が分かることや国民年金や厚生年金を納付していること、一定の障害が認められることが挙げられます。初診日は、障害の原因となっているケガや病気の診察を初めて受けた日になります。

途中で転院などをして医療機関が変わった場合でも、ケガや病気になって初めて受診した病院の診察日です。初診日はカルテで証明することが出来ますが、医療機関のカルテの保存期限が過ぎていたり、破棄されていたら障害者手帳や診断書、レセプトなどの書類で初診日を証明することになります。

年金を支払っていることも条件の一つです。初診日とされている日の前日の時点で、前の月までの加入月数の3分の2以上納付しているか、免除の対象となっていること。初診日の時点で年金加入月数の12ヶ月全て納付しているか、免除していることです。

障害の状態も重視され、一定の障害であることで受給されるかが決まります。これ以上回復が見込めない状態なども含まれます。

関連:所得制限はある?障害年金をまるごと説明

手続きの方法は?

申請の手続きは障害基礎年金であれば住んでいる地域の市区町村の窓口か年金事務所で、障害厚生年金なら年金事務所で行います。うつ病で本人が申請することが出来ないときには、家族などが代理人として窓口に行って手続きをします。

申請するとそこから審査が行われ、受給出来るのか、等級はどこに当てはまるのかが決定するのです。申請から審査、受給決定までは約3ヶ月掛かると言われています。請求の方法には2種類あり、障害認定日請求と事後重症請求があります。

障害認定日請求は障害が認定されてから1年以内に請求するもので、認定日から3ヶ月以内の診断書が必要です。

審査に通過すると認定日の翌月分から年金が支払われます。1年経ってから請求することもでき、さかのぼって受給することが出来るのは過去5年分です。

さかのぼって請求するときには過去の診断書と現在の診断書を用意します。

事後重症請求では認定日の時点では障害に該当しておらず、その後にうつ病が悪化して障害があると判断されたときに請求する方法です。

申し立てに必要な書類

必要な書類は、年金請求書や基礎年金番号が分かる年金手帳など、世帯全員分の住民票や診断書、受診状況等診断書や病歴と就労状況申立書、受け取り先となる金融機関の通帳、印鑑などです。年金請求書は住んでいるエリアの役所や年金事務所などで受け取ることができ、基礎年金と厚生年金では様式が違うので気を付けます。

年金手帳は用意出来ないときには理由書を、請求者の生年月日が分かるマイナンバーも合わせて提出します。請求先が共済組合の場合は住民票が必要になるので、準備しておくと安心です。診断書は通院している医療機関に依頼をして、医師に記入して貰います。

所定の様式があるので、うつ病用の診断書をお願いします。症状や障害の程度を軽く書かれてしまうケースも少なくないので、自分の状況が分かるように説明をしたり、現在の病状をまとめたメモを渡して正確な診断書を書いて貰えるように努力することが大切です。

受診状況証明書は初診のときに通っていた医療機関と診断書を作成した医療機関が違うときに、初診日の証明として使います。病歴と就労状況等申立書は障害の状態をきちんと確認するために必要で、補足資料の役割を果たすのです。

金融機関の通帳は審査に通過するとその口座に年金が支払われるので、正確に口座番号を伝えるようにします。

いくら貰えるのか?更新は?

障害基礎年金と障害厚生年金では支給される金額は異なります。基礎年金は年度によって受給額は違いますが、受給者一律で同じ額です。子供が居る人は子の加算があり、受給額もアップします。厚生年金では給料の金額や加入日数によって変動があるのです。

障害者年金には有期認定と永久認定があるので、永久認定に当てはまれば手続きは不要になります。うつ病患者の多くは有期認定とされるこで、障害の状態をその都度報告します。障害の状態やうつ病の症状にもよりますが、1年から5年の期間で新たに診断書を提出して障害はあるのか判断されるのです。